女性が働くために必要なことは?

男女雇用均等法が制定されてから働く女性が増えてきました。
女性の社会進出が活発になってきましたが、まだまだ解決しなければならない問題はたくさんあります。
家事・育児・体力面など、女性が仕事をするうえでの悩みや苦労はまだまだ多いです。
日本は世界から見るとまだまだ女性の社会進出の途上国です。女性の役員や管理職も他の国より少ないです。
女性が男性と同じように出世していく社会になるには時間がかかりそうです。

女性は出産時に長期で職場を離れなければなりません。
これも女性の社会進出に不利になっています。マタハラなどという言葉も生まれ、妊娠した女性に対して嫌がらせをする企業もあります。
妊娠している女性に対して退職を強要したり、きつい仕事を押し付けたりすることもあるようです。
きつい仕事をさせて職場内流産させたというのもあるようです。ここまでくると嫌がらせの域を出ています。
これでは女性が安心して社会進出する世の中には程遠いような感じがします。

女性が社会進出するために必要なことがインターネットで検索するといろいろ出ています。
女性が職場で生き残っていくにはいろいろな苦労があるようです。
日本では仕事が優先で長時間働くことが美徳というのがまだまだ残っています。
そのような名残が残っている限り女性の社会進出は遅れていくのでしょう。
効率良く働くことが低評価に繋がってはいけません。成果を出す人が高評価になる世の中になると女性の社会進出がしやすくなるでしょう。

法律上では男女平等ですが、まだまだ男性と女性の間には平等ではない部分があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website