子どもを育てながら働く女性

小さい子どもがいる女性が働くためには、女性が働いている間、子どもを保育園に預ける必要があります。
ただ、現在は保育園が不足していますから、待機児童が出ているようです。
保育園不足の原因の一つは保育士の不足です。保育士はその仕事に対して給料が合っていないのが現状のようです。
給料が原因で保育士の資格を持っているのに保育士として働いていない人もいるようです。

少子化が問題となっていますが、共働きの家庭が増えて、子供を保育園に預ける親が増えています。
そのため、需要と供給のバランスが取れなくなっています。
保育士の待遇を改善して、割に合わない給料と言われないくらいにできれば保育士不足はある程度解消されるでしょう。
また、地域間で連携して効率良く待機児童が保育園に入れるように協力していかなければなりません。
地域間で協力することによって、定員が空いた保育園に待機児童がすぐに入れるようにしていけば待機児童は効率良く減っていきます。
保育園単体では限界がありますから、行政が動くと良いと思います。

子どもを育てながら働く女性にとって一番の心配は、自分が働いている間の子どものことです。
保育園に預けることができれば安心して働くことができるようになるでしょう。
女性の社会進出をもっと活発化させるためには保育園不足の問題の解決が不可欠です。
保育園がしっかりと整備されないと安心して女性が社会進出できる世の中にはならないでしょう。
子どもを育てながら働くのはとても大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website